マンガなしでは生きてけない!!

管理人が好きな漫画、面白かったと思う漫画、マンガから学んだことを中心に書きつづるブログです♪

超名作!!スラムダンクを読んでいない人は損してるから今すぐ読むべし!!

僕が物心ついたときに読んでいた雑誌は少年ジャンプ。当時のジャンプはまさに「黄金期」っていいぐらい人気の作品ばかりでした。80年代から90年代にかけては、名作キラ星のごとく!!僕が少年だったということもありますが、あの時代のジャンプは最初から最後までどの作品も楽しみだったんですよねぇ。

 

今回はそのジャンプの黄金期の中でも、個人的に絶対に読んでほしいという作品のうちの一つをご紹介します♪

 

スラムダンクだよ!!

 

作者は『バカボンド』『リアル』といったこれまた名作ばかりを手掛けている井上雄彦先生。

 

表紙見てもらうとわかるようにこの漫画はバスケットのマンガです。サッカーや野球などのスポーツの場合、これまでにも巨人の星、ドカベン、キャプテン翼など名作と呼ばれるものが多くありました。

 

ところがバスケマンガっていうのはこれといった代表的な作品がなかったんです。そこに登場したのがこのスラムダンク!!ジャンプで連載されるいなや、あーっという間に人気作にのぼりつめちゃったんです!!アニメにもなったし劇場版もやったね。

 

ちなみに単行本の累計発行部数はなんと1億部以上ですからね‥‥‥。1億ってまぁなかなかないですよ。当時爆発的な人気を誇っていたんですね。

 

スラムダンクのおかげでバスケブームに

 

僕はスラムダンクが少年ジャンプで連載していた当時、小学生でした。やっぱり周りの友達もジャンプ読んでいる子たちが多いんですよ。だからみんなスラムダンク読んでる。

 

そしたらね、子供たちみんなバスケやるんですよね。授業の合間の休み時間もそうだし、その後中学に進学したらバスケ部に入ったやつも多かった。スラムダンクの熱に当てられて「俺もバスケやりたい!!」って人が続出したんです。

 

ほんと後にも先にもバスケマンガであれほど世間に影響を与えたマンガはないと思います。今振り返ると「スラムダンクの影響力とんでもねぇな!!」って思いますもん!!小学生とはいえその空気をビンビン感じましたからね。いやぁ、あの時代に生まれていてよかったです♪

 

印象に残る名場面、名セリフがたくさんある!!

スラムダンクと言えば迫力のある試合シーンも見どころの一つですが、語り継がれる名シーンや名場面が多いのも特徴です。

 

たとえばメチャメチャ有名なセリフを一つ挙げると、主人公桜木花道が所属する湘北高校バスケット部監督の安西先生のセリフ「あきらめたらそこで試合終了ですよ。」

 

スラムダンクを知らない人でもこのセリフを知っている人は多いでしょう。

 

スラムダンクを代表するキャラクターの一人でもある三井寿が中学時代。彼は神奈川県大会の決勝へ進出。ところが、彼のチームは試合が終わる寸前で相手にリードを許している状態。三井がチームの勝利をあきらめかけた時に安西先生がかけたセリフ。それが

 

「あきらめたらそこで試合終了ですよ。」

 

その言葉で三井はあきらめかけた自分を奮い立たせ自らのシュートでチームは逆転勝利。全国大会への出場を果たすんですね。そして三井は安西先生の下でバスケがしたいと強豪からの誘いを断り湘北高校へと入学を果たすというわけです。ただその後の展開は‥‥‥。(一応知らない人のために内緒にしておきましょう)

 

まぁそれだけでも感動的なセリフなんですが、さらにその後の話との繋がりもみていくとこのセリフの重みがグーンと増します!!それこそ感受性が強い人ならボロボロと泣いてしまうレベルなんですよ。ちなみに涙もろい僕は読み返す度に泣いてしまってます(笑)

 

あとやっぱり、最後の山王戦とか全国出場をかけた陵南戦とか名勝負が多くて、読んでるだけで「安西先生、バスケがしたいです!!」ってなると思います。

 

スラムダンクを読まないと損してると言ってもいいかもしれない

 

これは完全な主観で述べてますが、

 

「スラムダンク読んだことないって損してるよなぁ。」

 

って思います。スラムダンクの連載が96年とかで終わってるので、それ以降に生まれた人とかはもしかしたら読んだことないかもしれない。特に今の10代、20代の人なんかはスラムダンクブームを知らないでしょうしね。

 

そんな人にはほんとぜひぜひ読んでほしい!!たとえバスケにそこまで興味がなくても、他のスポーツが好きでも絶対に楽しめる漫画だと思います。現に僕は小さいころからサッカーやってましたけど、それでもスラムダンクはめっちゃ面白かったし、「バスケットってこんなに面白いんだ!!」って感化されましたもん。

 

僕もサッカーやってなかったら多分バスケやってたんじゃないかなぁ?って思ってしまうレベルでハマったマンガでした。こんなに影響されるマンガって多分あんまないと思う。

 

それぐらいハマること間違いなしだから、ほんと一度でいいから読んでほしい。いやっ、別に集英社の回し者とかじゃなくて、一漫画ファンとしてきっと楽しめるって胸張って言える漫画のうちの一つだから。これはほんと

 

「読まないと損だよ!!」

 

っていうのをはっきりとお伝えしておきます。

 

まとめ

今回は名作『スラムダンク』について紹介してみました。もちろん、今回だけじゃまだまだ魅力を伝えきれないので、そのうち思い入れのあるシーンや、セリフについてもガッツリ書いていければなんて思っております♪

 

ではまた!!